MeMe2014 カリキュラム-3 共通講座



デザインベーシックコースとブックデザインコースの受講生が共通して受講することができる, オプショナルな講座です.
諸分野の専門家たちによるレクチャー, 制作の現場をじかに体験する工場見学など, デザインへの関心と理解をさらに深める講座です.
共通講座のみ, ミームデザイン学校のいずれかの課程(コース)を修了した方は, 卒業後も受講することができます.

→講師陣のプロフィールはこちらから

6講座(各1回)
受講対象 デザインベーシックコース受講生・ブックデザインコース受講生・卒業生(特別講座のみの受講生は除く)
?─ 受講料はデザインベーシック・ブックデザイン両コースの受講料に含まれておりますので, 別途徴収することはございません.開催地までの交通費はご負担ください.
?─ 共通講座のみの受講はできません.
?─「印刷の知識」は平日開催の場合があります.あらかじめご了承ください.

アジアのデザイン原理を話そう|全1回
講師|杉浦康平
アジア図像研究の第一人者として知られ, その革新的なブックデザインとタイポグラフィで, 国内外に大きな影響を与えてきた杉浦康平さん. この講座では, 杉浦さんが長年に渡り研究を重ねてきたアジアの図像や文様などを中心に, アジアのデザイン原理を考えることをテーマとし, レクチャーとディスカッションを行います. 神秘性と多彩な美を映し出すアジアのデザイン. 杉浦さんのかたちへの洞察は, いかにしてグラフィックデザインに表出してきたのでしょうか. 杉浦図像学の世界を学びます.
?─受講者から募った質問を, ディスカッションに反映します.

かたちと身振り|全1回
講師|向井周太郎
宇宙と生命の生成リズム, 生命の誕生, 模倣としての生命の再生プロセスが秘められている「身振り」. 講師に向井さんを迎え, 人がこれまでに生み出した, 「かたち」と「身振り」についてレクチャーを行います. かたちをつくるとき, 何に影響を受け, どのような動きから生み出すのか. 世界の様々な現象や専門性を横断し, 原記憶や再生への想像力を喚起してくれる講座です.

デザインの問題を話そう|全1回
講師|中垣信夫
私の「体験的日本デザイン史」, デザインが社会で果たすべき役割, 合理的仕事術などについてお話ししたいと思います. 現在のデザイン環境の問題点について意見交換もしましょう. 率直な意見を交わすことで, ひとりひとりが自分自身の課題を発見する場になるでしょう. 社会の変化への対応が絶えず求められる現代にあって, 疲弊することなく, したたかに創作し続けるための思考の核を培ってほしいと思います. [中垣信夫]

マイスターの製本講座|全1回
講師|青木英一
この講座では, ドイツで製本マイスター(ドイツ工業部門 手作業部門マイスター)の資格を取得した青木英一さんの案内のもと, 製本工場見学をします. 安価で均一な仕様の書籍が増えている一方, 丁寧で繊細な製本の書籍に注目が集まっています. また, 電子書籍媒体の普及につれ, 紙の本の物質的な魅力が見直されてきています. 先人が培った美しい本づくりの技術について学び, 造本表現の可能性を探ります.

印刷の知識|全1回
講師|凸版印刷株式会社
質の高い印刷物を円滑な進行のもとに制作するには, 印刷工程の理解が不可欠です. この講座では, 凸版印刷株式会社の工場に訪れ, 印刷の基本的な仕組みから, オフセット・グラビア・活版各方式の特徴まで, レクチャーと見学で立体的に学びます. 既存の方法に捉われない新しい印刷表現を模索するだけでなく, 多メディア時代における印刷の可能性を考えるためにも, 印刷技術を正しく知り, 最新動向をつかむことが目標です.

和紙の未来を考える|全1回
講師|小川町和紙体験センター
紙漉体験を通して和紙の特性を知る講座です. 社会とテクノロジーの変化を踏まえ, 今新たに浮かび上がる和紙の魅力とは何でしょうか. 和紙について学び, これからのデザインへどのように生かすことができるのか, 和紙の未来形について可能性を探ります. 当日は小川町和紙体験学習センターで紙漉を体験し, 原料(紙料)づくりから漉まで, 和紙づくりのプロセスを総合的に学習します.



デザインベーシックコースブックデザインコース| 共通講座| 特別講座

















melma! 利用規約 規約に同意して登録 解除