5. 講師インタビュー

インタビュー|中垣信夫
「ミームデザイン学校のこれまでと, これから」
聞き手:ミームデザイン学校 事務局


中垣信夫:武蔵野美術大学卒業。ウルム造形大学留学。1964年より杉浦康平デザイン事務所勤務。 73年,中垣デザイン事務所設立。西欧で学んだタイポグラフィーをひとつの指標として,日本文化に根ざしたデザインに活かす道を一貫して追求している。主な仕事に「美術手帖」のアートディレクション,平凡社ライブラリー600冊,美術出版社の[カラー版]シリーズ。代表作には「アメリカを知る事典」「日本美術史事典」「字通」(以上,平凡社)など。 「花鳥風月」(今井俊満,美術出版社)で講談社出版文化賞を受賞。

講師インタビュー|鈴木一誌
「"身体性"と"編集"という視点からデザインを捉え直す」
聞き手:ミームデザイン学校 事務局


鈴木一誌:1950年東京都生まれ。杉浦康平事務所に12年間つとめ,1985年に独立。〈装幀〉のみならず,書物全体の設計=ブックデザインに関わりつづけ,戸田ツトム氏とともに2001年よりデザイン批評誌『d/SIGN』を責任編集。著書に『画面の誕生』(みすず書房,2002年)『ページと力』(2002 年)『重力のデザイン』(ともに青土社,2007年),共著に『知恵蔵裁判全記録』(太田出版,2001年)『映画の呼吸』(ワイズ出版,2006年)がある。


講師インタビュー|有山達也
「デザインからアートディレクションまで」を終えて
聞き手:ミームデザイン学校 事務局


有山達也:中垣デザイン事務所を経て,1993年アリヤマデザインストア設立。「マルコポーロ」のデザインに参加。その後,「store」(光琳社出版),「ゆめみらい」(ベネッセコーポレーション)などのアートディレクションを担当。現在は「ku:nel」,「雲のうえ」(北九州市)等エディトリアルを中心として注目を集めている。ほか「一九七二」(坪内祐三/文藝春秋),「100の指令」(日比野克彦/朝日出版社),「路上の人」(堀田善衞/スタジオジブリ編/徳間書店),「東京飄然」(町田康/中央公論新社),「じゃがいも料理」(高山なおみ/集英社),「きょうの猫村さん」(ほしよりこ/マガジンハウス)等の装丁を手がける。



















melma! 利用規約 規約に同意して登録 解除